信用情報 ブラックリスト

信用情報機関にブラックリストは存在しない?

MENU

ブラックリストについて

ブラックリストについて

借金の返済を延滞してしまったときなどに、よく「ブラックリストに載る」などという言い方をしますよね。

 

「自分はブラックリストに載っているから借金ができない」
「ブラックリストに載っている方でもOKです」

 

など、お金を借りる、貸すというシーンでは頻繁に「ブラックリスト」という言葉が使われています。
一体この「ブラックリスト」というのはどんなリストなのでしょうか。

 

・実は「ブラックリスト」は存在しません!

 

「ブラックリスト」という言葉は一般的によく耳にする言葉ですが、実は「ブラックリスト」というリストはありません。

 

驚いた方もいらっしゃるかもしれませんね。
俗に「ブラックリストに載る」などと呼ばれる状態は、「信用情報機関に延滞などの金融事故情報が載ってしまった」ことを指すのです。

 

ですから、「ブラックリスト」というリストがあってそこに自分の名前が載ってしまうというわけではなく、信用情報機関の自分のクレジットヒストリー(金融機関などへの申し込みや借り入れ、返済などの利用履歴のようなもの)に傷がついた、とイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

 

金融事故は、信用情報機関では「異動」という言葉で表されます。。各信用情報機関の開示報告書に「異動」と書かれていたら金融事故がある、つまりブラックリストに載ったと呼ばれる状態であることを意味します。

 

どちらにせよブラックリストに載っていると呼ばれる状態は、今後お金を借り入れたりローンを組んだり、新たにクレジットカードを作ったりすることが難しい状態であることは間違いありません。

 

「信用情報機関に金融事故情報が載っている」と表現するよりも、「ブラックリストに載る」という言い方をした方が理解しやすいため、このような呼ばれ方をされるのでしょう。

 

しかし正式にはブラックリストというリストがあるわけではなく、信用情報機関に延滞などの金融事故情報が載ってしまったという意味なんだということは覚えておくと良いでしょう。

 

・ブラックリストに載ると呼ばれる状態になるのはどんなケース?

 

では実際に、ブラックリストに載る(金融事故)と呼ばれるのはどのような情報が信用情報機関に登録された時なのでしょうか。

 

信用情報機関に登録されているのは、金融機関への借り入れなどの申し込み状況や借入額、借入残高、返済状況、延滞の状況などです。

 

ブラックリストに載ると呼ばれる状態になるのは、延滞をしてしまったときや、任意整理、自己破産などの債務整理をした時などが挙げられます。
そのほか、保証会社が返済を行ったときなども挙げられるでしょう。

 

よく言う「ブラックリスト」というリストは、実は存在しません。
信用情報機関に延滞や自己破産などの情報(異動)が載ってしまっている状態の事を、一般的に「ブラックリストに載る」と呼ぶのです。

 

一般に「ブラックリストに載る」と呼ばれる状態は、今後お金を借り入れたりローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることが難しい状況であると思っておきましょう。

 

⇒ トップページへ
このエントリーをはてなブックマークに追加