ブラックリスト いつまで 情報 残る

ブラックリストはいつまで残る?

MENU

ブラックリストの情報はいつまで残るのか

長期の延滞や債務整理などが原因でブラックリストに載っている状態(異動と記録された状態)になってしまった。

 

そのような場合、自分は一生クレジットカードが作れず、ローンなども組めないのか?と不安になりますよね。

 

一度でも信用情報機関に「異動」という情報が記録されてしまうと、この先一生、ブラックリストに載った状態のままなのでしょうか。

 

ブラックリストの情報はいつまで残るのか

 

ブラックリストから消える日は来る?

 

結果から申し上げると、一生そのままだということはありませんからご安心ください!

 

しかし異動の記録が付いた理由によっては、長時間ブラックリストに載った状態のままになりますから、その間はクレジットカードを作ったり、ローンなどを組んだりすることは難しいと思っておきましょう。

 

それでは、ブラックリストの記録はいつまで残るのか、詳しく見ていくことにしましょう。

 

 

延滞によって異動が付いてしまった場合には?

 

クレジットカードの利用料金やカードローンの返済などを2か月〜3か月延滞してしまうと、ブラックリストに載った状態になってしまいます。

 

信用情報機関や金融機関などによって多少扱いが異なりますが、延滞をしてブラックリストに載ってしまった(異動という情報が付いてしまった)場合、完済から「5年間」は消えないと言われています。

 

言い換えれば、5年経てばブラックリストからは消えるということになります。

 

気を付けたいのは、「異動が付いてから5年」ではないという点です。
借金を「完済」をしてから5年ですので、完済していない場合にはブラックリストからは消えないと思っておきましょう。

 

 

任意整理を行った場合には?

 

任意整理を行った場合にも、信用情報に「異動」と記されることになり、いわゆるブラックリストに載った状態になってしまいます

 

任意整理による異動の情報も、5年間は残ってしまいます。

 

つまり、任意整理を行う場合、今後5年間くらいは新規にクレジットカードを作ったりローンを組んだりできないんだということを理解したうえで行うようにしましょう。

 

 

自己破産をした場合には?

 

自己破産をした場合にも、当然その情報は信用情報機関に「異動」として記録されてしまいます。

 

金融事故の中でも自己破産が一番長期にブラックリストに残ることになります。

 

信用情報機関によって期間は違いますが、一度自己破産をしてしまうとその情報は5年〜10年は消えません。

 

一度自己破産をすると、10年間はクレジットカードを作れない、借り入れが出来ないなどといった状況になりますから、自己破産をせずに済むように、クレジットカードやローンなどは計画的に利用しましょう。

 

 

信用情報機関同士で情報が共有される

 

3つの信用情報機関の間には、「CRIN」というネットワークがあります。

 

延滞など金融事故の情報に関しては、このCRINによって共有されているのです。

 

信用情報機関によってブラックリストから消える時期には多少差がありますが、CRINがある以上、1つの信用情報機関のブラックリストから消えても(異動情報が消えても)別の信用情報機関にまだ異動の情報が残っていれば、結局はブラックリストに載った状態だということが分かってしまうでしょう。

 

ですから延滞などの金融事故を極力起こさないように、計画的にクレジットカードやキャッシングなどを利用することが大事です。

⇒ トップページへ
このエントリーをはてなブックマークに追加