信用情報機関 登録 個人情報

信用情報機関に登録される個人情報について

MENU

信用情報機関に登録される個人情報とは

信用情報機関に登録される個人情報とは

 

信用情報機関には、その信用情報機関に加盟している金融機関を利用している消費者の個人情報が登録されています。

 

信用情報機関に勝手に自分の個人情報が登録されていて、加盟している企業に自由に見られてしまうなんて何となく嫌だな・・・、と感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

実際に、信用情報機関にはどのような個人情報が登録されているのでしょうか。

 

・信用情報機関にはどんな個人情報が登録されているの?
信用情報機関には、消費者のさまざまな個人情報が登録されています。

 

まず、

 

◆氏名
◆生年月日
◆自宅の住所
◆自宅の電話番号
◆勤務先(住所や電話番号などを含む)

 

など、消費者の基本的な個人情報が登録されています。

 

そして信用情報機関にに登録されているのはこれらの基本的な個人情報だけではなく、

 

◆クレジットカードやカードローンなどへの申し込みの履歴
◆クレジットカードやカードローンなどの利用履歴
(利用の状況、借り入れの状況、借入額の総額や残高、返済の状況など)
◆消費者の金融事故に関する情報
(自己破産や任意整理など、債務整理をした履歴、延滞の状況など)

 

などといった、金融機関との取引の状況が詳細に登録されているのです。

 

 

信用情報機関を見れば、あなたの借金の状況が分かる

 

つまり信用情報機関の情報を見れば、その人がどのようにクレジットカードやお金の借り入れなどの申し込みをし、いくら借り入れをしていて、あといくら借金が残っているかなどという情報が一目で分かってしまうということになります。

 

それだけにとどまらず、金融機関への返済が延滞したという情報なども残ってしまいます。いつ、どのくらいの期間延滞し、その後完済したのかどうかということも記録されます。
さらに自己破産や任意整理などをしたという事実も、全て分かってしまうのです。

 

クレジットカードやローンなどの審査の参考に

 

氏名や住所、勤務先などの個人情報は、クレジットカードを作る際や金融機関で借り入れを行う際には必ず書かされることになるでしょう。

 

ですからそれらの個人情報を見られて困るという方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが、借り入れや返済の情報を見られたくないという方は多いのではないでしょうか。

 

登録されている情報によっては、審査に不利になる事も考えられます。

 

例えば、高級住宅街に住んでいて有名企業に勤めている方が融資の申し込みをしてきたとしましょう。

 

収入も高いでしょうし、個人情報を見ただけの時点では好印象ですよね。

 

これならお金を融資してもいいかな・・・と考えるでしょう。

 

しかし信用情報機関の情報では、クレジットカードの支払いを何度も延滞していて、数社の消費者金融から借り入れがあった・・・となると、どう判断するでしょうか。

 

信用情報機関に登録されている個人情報と、金融機関の利用状況を総合的に見て判断すると、収入は多いけれど、平気で延滞をする人物なんだということが読み取れますよね。

 

そういう人物に、お金を貸そうと思うでしょうか?恐らくは、思わないでしょう。

 

このように信用情報機関に登録されている情報は、金融機関などの審査の際に重要な判断材料となるのです。

 

信用情報機関に登録されている個人情報や借り入れ、申込などの情報は、クレジットカードを作る時やローンなどを組むときの参考にされます。

 

今後お金を借りたりクレジットカードを作ったりするうえで、不利になる情報は登録されたくありませんよね。

 

そのためには、延滞などを起こさないように計画的なお金の利用を心掛けましょう。

 

⇒ トップページへ
このエントリーをはてなブックマークに追加